鎌倉文学館

庭園管理業務  荒  省三(除草班)

私の仕事場は鎌倉文学館のバラ園です。  鎌倉文学館は元加賀100万石・前田侯爵家の別荘だったものを昭和58年に鎌倉市が寄贈をうけ、鎌倉には多くの文士が居を構えた事から、それを整備して昭和60年11月に鎌倉ゆかりの文士の遺稿や写真・作品などを展示・公開する文学館として発足したものです。

鎌倉文学館の前には広い芝生の庭が広がり、由比ヶ浜から広く相模湾を見渡せ、晴れた日には遠く伊豆大島も眺められます。 その芝生の庭の先にバラ園があります。バラ園には194種234株(平成26年現在)のバラが植えてあり、毎年春と秋に香りの良い、美しい花を咲かせて、多くの来園者から高い評価を受けています。 そのバラ達が綺麗に花を咲かせてくれる様、一年を通してお世話するのが私達の仕事です。バラは棘があるからと避ける人もおりますが手を掛ければそれに応えてより美しい花を咲かせてくれるので魅力があり、やり甲斐のある仕事です。

その仕事の主な内容は12月から1月にかけての寒肥施肥、一年通しての消毒、春と秋の剪定、年明け早々のつるバラの誘引・整枝、花がら切り等の花後の手入れ、一年通しての雑草取りなどです。バラ以外にも芝生の庭の手入れ、何か所かに分かれて整備しつつある花壇の手入れなども行います。花壇には何年かかけて我々の手で増やした約1000株のクリスマスローズが植えてあり、バラの花が無くなる2月~3月に鎌倉文学館の庭を賑やかにしてくれます。

バラやクリスマスローズを通して来園されるお客様との触れ合いも楽しみなひと時です。 
鎌倉文学館は国の登録有形文化財になっている洋館の本館と周りの深い緑の森と前に広がる芝生とバラに代表されるお庭のバランスが大変良く、来園者を魅了する所で、そこで働ける我々は幸せ者です。
ただ現在は二人でバラ園を担当しておりますが、バラの手入れは一朝にしてマスターできるものではありませんので、次を担う後継者がなかなか現れないのが多少心配です。  このページをご覧になって、バラに興味をお持ちでバラの管理業務をやってみたいという方は、是非鎌倉市シルバー人材センター事務局の方へご連絡下さい。
2014年5月27日放映のNHKひるまえほっと「自然と伝統感じる 鎌倉自転車旅」の中に、鎌倉文学館のバラ園の取材があり、バラの管 理人としてシルバー除草班所属の荒省三さんが紹介されました。
次のNHKのURLから配信されていますので、ご覧ください。 ⇒   http://www.nhk.or.jp/marukana-log/cat/tv/post- 142297.html